『台湾現地からのグルメレポート』。永康街 麻醉坊

永康街是台北的著名美食街,巷弄之間有許多著名餐館或小吃而聞名。

今天要介紹的就是位於此商圈的「麻醉坊」,是一間運用創意將中式川菜和日式燒烤文化組合而成的平價小店。

雖然店面不是非常起眼,但大大的招牌三個字仍是會吸引人一瞧,店門口更是大排長龍。

第一道我們點了店內的招牌「嗆麵」,是老闆特製的辣麵。聽店員說,每天備料時都要準備好一臺斤的朝天椒呢!

麵一端上桌,那香氣就完全征服了我們,吃起來味道十分讓人上癮,撇開辣度,醬汁和肉燥也很上口,

就算吃的嘴巴都燙了起來,筷子仍停不下來,真的好吃!

再來端出的剝皮辣椒雞湯,是個人最推薦的一道!微辣味,聞到的是滿滿的辣椒清新香氣。

而且完全不是那種讓人嗆得不舒服的辣,喝第一口先嚐到的是雞湯底的甜味,後勁才體會到裡頭的辣和香。

尤其是我們去的這天有寫許涼意,喝上幾口就讓全身暖了起來。

蔥燒雞肉串也是這間店的滿分首選,還沒離開店裡我們就計畫著冬天時要再訪一次這間店了呢。

 

永康街は台北で有名なグルメ通りです。たくさんの飲食店とグルメなことで知られています。

今回おすすめするのは「麻醉坊」という店です。ここは中華四川料理と和食の焼き物がコラボした創作料理屋です。

店の外観は一般ですが、大きな看板がとても目立ちます。入り口の前はいつも行列。

最初にこの店の定番料理、「嗆麵」を注文しました。これは特製の辛い麺です。

毎日大量の赤ピーマン型唐辛子を仕入れているそうです。

できあがった麺をテーブルに置かれた瞬間、香りが高くとても美味しいです。

辛味だけではなく、煮込んだそぼろ肉もコクがある味です。

そして、青唐辛子鶏肉スープは一番おすすめする料理です。少し辛くて、さらに唐辛子の香りが広がります。

飲んでみたら、最初は鶏肉スープの甘味があり、そのあと辛味が出てきました。

その日はちょうど少し涼しかったので、スープを飲んでいたら、体が温まりました。

これ以外、ねぎまもこの店の定番料理です。冬に必ずもう一度訪ねたいと思います。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントフィード